トップページ

    このサイトでは恋愛経験なしのあなたにおすすめの恋活アプリをランキングで紹介しています。
    もしあなたが「恋愛経験なしで出会いもない…。恋の踏み出し方が分からない…。」という状況なら、まずは恋活アプリがおすすめです。合コンや街コンと比べてその場の空気を読む必要もありませんし、何より自分の好きなペースで恋人探しができます。

    恋愛経験がないと初対面の異性とどう話したらいいか迷うこともありますからね。まずは無理なく異性と交流の取れる機会を増やして、少しずつ自分のペースで進めていくのがおすすめです。

    このサイトで紹介している恋活アプリは全て男女とも会員登録は無料です。しかも、女性は利用料金も無料のところがほどんどです。さらに何かと気になる迷惑メールや架空請求が来ないことも実際に確認していますので、安心して利用できますよ。

    昔はネットでの出会いというとあまりいいイメージがなかったのですが、今では多くの人が利用するようになって「ネットで出会って結婚した」ということも特別珍しくもなくなりましたよね。
    あなたも幸せな出会いを掴むために、まずは小さな一歩を踏み出してみましょう^^
    ペアーズ

     ペアーズ(Pairs)はフェイスブックを利用した国内最大級の恋活アプリ。
    登録会員数は570万人以上と圧倒的な多さを誇っているので、日本で一番有名な恋活サイト・恋活アプリといってもいいでしょう。

    今まではフェイスブックアカウントがないと登録できなかったのですが、リニューアルに伴い、【フェイスブックアカウントなしでも登録できる】ようになったので、より利用しやすくなりました。

    ペアーズはとにかく会員数が多いのが特徴なので、「恋愛経験なしでも自分の好みの異性を探しやすい」というのが大きなメリットです。20代~30代の会員が多いので、真面目に恋愛できる相手を探したい場合はおすすめできます。
    婚活よりも恋活に向いているので、恋愛経験なしでも気軽に始めることができますよ。

    恋活アプリ選びに迷った時は、まずはペアーズに登録して利用してみてください。出会いのチャンスが違いますので、登録しておいて損はありません。






    マッチ・ドットコム

     マッチドットコムは世界25ヵ国で展開してる世界最大級の婚活・恋活アプリ。
    世界中で利用されている恋活サイトです。国内の会員数も187万人を越えているので出会いのチャンスが多いです。

    マッチドットコムのユーザー層はペアーズよりも真剣度が高めなのが特徴なので、真剣に恋活をしたい場合はおすすめです。年齢層も30代の会員が多く、遊び目的の会員が少ないので恋愛経験なしでも安心して利用できます。

    マッチドットコムの場合は無料会員でも好みの異性の検索や写真の閲覧はできるので、まずは無料登録をしてみてあなたが住んでいる地域にどんな異性がいるのかチェックしてみてください。フェイスブックアカウントなしでも利用できますよ。






    マッチブック

     マッチブックは大手企業のリクルートグループが運営しているフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    会員の年齢層は20代前半が多く、ペアーズよりもライトな出会いを求めている人が多い印象です。

    マッチブックは大学のミスやミスターを会員にしているので、大学生の中では認知度が高め。大学生で恋愛経験なし、合コンも苦手ということなら登録しておいて損はありません。

    まだ新しい恋活アプリなので会員数が少ないところがデメリットですが、大手企業のリクルートグループが運営しているので間違いなくこれから会員数が増えてくるでしょう。とりあえず無料登録だけしておいて、会員数の多い恋活アプリのサブとして一緒に利用するのがおすすめです。






    with(ウィズ)

     with(ウィズ)はメンタリストのDaiGoが監修しているフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    20代~30代の会員が多く、共通点から好みの異性を見つけるというのが特徴です。

    恋愛経験なしの場合、まずは趣味の合う相手の方がコミュニケーションを取りやすいと思うのでおすすめできる恋活アプリです。
    恋愛経験なし、交際経験なしの場合は共通点の多い異性や趣味の合う異性の方が会話も盛り上がりやすいですからね。興味のあるグループに参加して気になる異性を探すこともできますよ。

    現在、男性でも初月無料キャンペーンを実施中なので、この機会に登録してみてはいかがでしょうか。






    Omiai(オミアイ)

     Omiai(オミアイ)はフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    ペアーズよりも年齢層は高めなので、ユーザーの真剣度は高いです。

    2018年2月14日から女性は完全無料化になりましたし、フェイスブックアカウントなしでも登録できるようになったので、より利用しやすい恋活アプリになりましたね。累計会員数も約300万人を超えているので非常に多く、出会いのチャンスも広がります。

    本気で恋活している会員が集まっているので、「今はまだ恋愛経験がないけど真剣に交際していける相手を探したい」と考えている場合はおすすめできる恋活アプリです。
    ちなみに、フェイスブックの友達数の制限がないので、友達10人いなくてもすぐに恋活を始められます。







    結婚を望む方にとって欠かせないのが婚活サービスなのですが、高額の利用料金がかかるという問題点があります。

    ほとんどの婚活サービスでは、入会金や月々の会費が必要になりますし、お見合い料金や結婚に成婚料が必要になる場合もあります。

    婚活にお金をかけたくないという方は、公的な地方自治体で運営されているサービスの活用が良いと思います。

    場所によっては金銭的負担が全くかからない場所もあるので、関心がある方は市のホームページなどで調べてみましょう。

    みなさんそれぞれに、婚活を始めたきっかけがあるとおもいます。

    中でも、周囲の人の結婚が影響している方が多いです。

    親しい人の結婚で、婚活を始めてみるのも良いと思います。

    でも、急ぎすぎた場合は問題です。

    婚活では生涯のパートナーを決めるのですから、婚活に当たってはまずは落ち着いて焦ったり慌てることなく婚活した方が良いでしょう。

    独身の方で婚活に取り組んでいる方も多いと思います。

    婚活の方法はどのようなものでも良いので、婚活を継続していきましょう。

    それまでよりも外出のきっかけを増やし、自分から異性と交流するように努めるだけでも、十分な婚活と呼べるでしょう。

    自分への言い訳を並べて、結婚は出来ないものだと諦めたら、一生独りで生きていかなければならない訳です。

    人生を左右する問題ですから、簡単なことで諦めず、些細な事でも婚活を続けることが大切です。

    ネットの結婚情報サービスに登録する人は、色々なサイトを比較検討した上で実際に利用するサイトを決めているでしょう。

    そこで参考になる情報の一つは、男女の会員数の比率です。

    こうした情報が得られれば、異性との出会いやすさもわかりますし、どれだけ熾烈な競争になるのかも見当がつくので、サイト選びを有意義に進めることができます。

    入念に確認してみるといいでしょう。

    お医者さん限定や高学歴限定などの結婚相談所がにわかに人気を集めています。

    そうしたエリート層の男性は、必然的に周りに出会いのチャンスがなかったり、勉強ばかりしてきたので意外と恋愛下手だったりして、相手探しは結婚相談所でと割り切っているケースも珍しくないのです。

    なので、そうした地位のある方との結婚を望んでいる女性には、そうした相談所に絞って探してみるのも有効です。

    婚活という言葉が話題の昨今。

    婚活で、多くの方が第一に考えるのは結婚相談所ですよね。

    さて、結婚相談所を利用する場合、費用面では高額かもしれませんが、しっかりした実績のある結婚相談所は、結婚に至るまで丁寧なサポートをしてくれる心強い存在といえます。

    婚活でお悩みの方は、お金を払って結婚相談所を利用するというのも賢い選択になると思います。

    サークルの集まりに行っても「すばらしい出会いがない」、「異性と親密になれない」というのなら、何か自分に要因はないか振り返ってみることも必要です。

    「将来の伴侶は手近なところにいた」といった事例は珍しいものではありません。出会いがないとぼやくのではなく、周辺を冷静に見渡せば理想の人がかたわらにいるのを発見できるかもしれません。

    胸のうちで恋愛の悩みを持っているというなら、自分の中に閉じこもったりせずに友人や先輩などに心中を明かしてみるのも悪くはありません。画期的な助言をもらうことができたり、ストレス解消になることもあります。

    普段の生活の中で理想の人に出会えて恋愛に発展するなどというのは、働くようになってからは大幅に減ります。友達に頼ったり合コンなどを端緒にして出会いへと進むのが大半を占めるでしょう。

    常日頃は平然としているのに、つい動揺してしまうのが恋愛です。悩みを抱いているなら、こっそり悶々としないで、友人などに胸の内を相談するのがおすすめです。