トップページ

    このサイトでは恋愛経験なしのあなたにおすすめの恋活アプリをランキングで紹介しています。
    もしあなたが「恋愛経験なしで出会いもない…。恋の踏み出し方が分からない…。」という状況なら、まずは恋活アプリがおすすめです。合コンや街コンと比べてその場の空気を読む必要もありませんし、何より自分の好きなペースで恋人探しができます。

    恋愛経験がないと初対面の異性とどう話したらいいか迷うこともありますからね。まずは無理なく異性と交流の取れる機会を増やして、少しずつ自分のペースで進めていくのがおすすめです。

    このサイトで紹介している恋活アプリは全て男女とも会員登録は無料です。しかも、女性は利用料金も無料のところがほどんどです。さらに何かと気になる迷惑メールや架空請求が来ないことも実際に確認していますので、安心して利用できますよ。

    昔はネットでの出会いというとあまりいいイメージがなかったのですが、今では多くの人が利用するようになって「ネットで出会って結婚した」ということも特別珍しくもなくなりましたよね。
    あなたも幸せな出会いを掴むために、まずは小さな一歩を踏み出してみましょう^^
    ペアーズ

     ペアーズ(Pairs)はフェイスブックを利用した国内最大級の恋活アプリ。
    登録会員数は570万人以上と圧倒的な多さを誇っているので、日本で一番有名な恋活サイト・恋活アプリといってもいいでしょう。

    今まではフェイスブックアカウントがないと登録できなかったのですが、リニューアルに伴い、【フェイスブックアカウントなしでも登録できる】ようになったので、より利用しやすくなりました。

    ペアーズはとにかく会員数が多いのが特徴なので、「恋愛経験なしでも自分の好みの異性を探しやすい」というのが大きなメリットです。20代~30代の会員が多いので、真面目に恋愛できる相手を探したい場合はおすすめできます。
    婚活よりも恋活に向いているので、恋愛経験なしでも気軽に始めることができますよ。

    恋活アプリ選びに迷った時は、まずはペアーズに登録して利用してみてください。出会いのチャンスが違いますので、登録しておいて損はありません。






    マッチ・ドットコム

     マッチドットコムは世界25ヵ国で展開してる世界最大級の婚活・恋活アプリ。
    世界中で利用されている恋活サイトです。国内の会員数も187万人を越えているので出会いのチャンスが多いです。

    マッチドットコムのユーザー層はペアーズよりも真剣度が高めなのが特徴なので、真剣に恋活をしたい場合はおすすめです。年齢層も30代の会員が多く、遊び目的の会員が少ないので恋愛経験なしでも安心して利用できます。

    マッチドットコムの場合は無料会員でも好みの異性の検索や写真の閲覧はできるので、まずは無料登録をしてみてあなたが住んでいる地域にどんな異性がいるのかチェックしてみてください。フェイスブックアカウントなしでも利用できますよ。






    マッチブック

     マッチブックは大手企業のリクルートグループが運営しているフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    会員の年齢層は20代前半が多く、ペアーズよりもライトな出会いを求めている人が多い印象です。

    マッチブックは大学のミスやミスターを会員にしているので、大学生の中では認知度が高め。大学生で恋愛経験なし、合コンも苦手ということなら登録しておいて損はありません。

    まだ新しい恋活アプリなので会員数が少ないところがデメリットですが、大手企業のリクルートグループが運営しているので間違いなくこれから会員数が増えてくるでしょう。とりあえず無料登録だけしておいて、会員数の多い恋活アプリのサブとして一緒に利用するのがおすすめです。






    with(ウィズ)

     with(ウィズ)はメンタリストのDaiGoが監修しているフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    20代~30代の会員が多く、共通点から好みの異性を見つけるというのが特徴です。

    恋愛経験なしの場合、まずは趣味の合う相手の方がコミュニケーションを取りやすいと思うのでおすすめできる恋活アプリです。
    恋愛経験なし、交際経験なしの場合は共通点の多い異性や趣味の合う異性の方が会話も盛り上がりやすいですからね。興味のあるグループに参加して気になる異性を探すこともできますよ。

    現在、男性でも初月無料キャンペーンを実施中なので、この機会に登録してみてはいかがでしょうか。






    Omiai(オミアイ)

     Omiai(オミアイ)はフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    ペアーズよりも年齢層は高めなので、ユーザーの真剣度は高いです。

    2018年2月14日から女性は完全無料化になりましたし、フェイスブックアカウントなしでも登録できるようになったので、より利用しやすい恋活アプリになりましたね。累計会員数も約300万人を超えているので非常に多く、出会いのチャンスも広がります。

    本気で恋活している会員が集まっているので、「今はまだ恋愛経験がないけど真剣に交際していける相手を探したい」と考えている場合はおすすめできる恋活アプリです。
    ちなみに、フェイスブックの友達数の制限がないので、友達10人いなくてもすぐに恋活を始められます。







    婚活中の注意点です。

    婚活では、結婚相談所に度々相談したり婚活パーティーやツアーに参加したりと苦労しているのになかなか良い人に会えず、焦燥感や不安から、婚活を繰り返し、どれだけ続けても結果につながらないと、婚活地獄にはまってしまう可能性が高いです。

    「婚活地獄」に嵌ってしまうと、ストレスも溜まりますし、余裕を持った考え方が出来なくなるため、条件が悪化し、ますます焦って婚活地獄を繰り返してしまいます。

    これは婚活中の方におススメなのですが、はじめから婚活に費やす時期をはっきりとしておくことです。

    どうしてかというと、婚活で良さそうな人に巡り合っても、それ以上の出会いを求めて繰り返し婚活を続けて、婚活難民に陥る方が多いのです。

    初めから婚活の期間を決めておけば、覚悟を持った婚活が出来ると思います。

    一般的に、アラサーで未婚の方は友人の多くが結婚してしまって一人遅れてしまったような気分から焦って婚活をすすめようとする傾向にあります。

    しかし、結婚のタイミングというのは皆がみんな同じ訳ではありません。

    周囲が結婚したからといって急ぐ必要はなく、自分の人生をまず考えてみましょう。

    いつか婚活を行う時には人生経験を積んだところを長所として、婚活で生かせるといいと思います。

    大部分の結婚情報サービスにおいては、身分証を用いて本人確認を行っているのが普通です。

    もっとも、身分の確認制度があるくらいでは、100%トラブルが無いとまでは言い切れないのです。

    結婚詐欺や貢がせ屋、単なる冷やかしの人が紛れ込んでいるケースも少なくありませんので、騙されないよう警戒しておくことは重要です。

    相手の態度に誠実さが感じられないと思えば、サイトのスタッフや友人知人にアドバイスを求めることをお勧めします。

    真剣に婚活を考えている方は、ネットの婚活サイトを利用する場合もあると思います。

    サイトに登録している異性の方のプロフィール画面を見て条件を確認する際に、ぜひチェックするべき部分としては一人暮らしか実家暮らしか、また出身地はどこかといった内容です。

    核家族化の著しい現代とはいえ、やはり結婚すれば両親への挨拶やその後の家ぐるみの付き合いもありますので、実家との付き合い方なども真剣に考えて結婚相手を選ばなければなりません。

    今日では、雑誌やテレビでも婚活についての話が取り上げられることが増えています。

    でも、有料の婚活サービスを扱う会社は、悪質なものが無いと断言できるでしょうか。

    メディアが明るい話題として取り上げているとはいえ、中にはユーザーを食い物にするようなサイトも残念ながら存在するのです。

    婚活を利用する上では、あたかも恋愛と同じように、相手の裏表を知ることが大事なのですね。

    「異性との出会いがない」とくよくよしていても、魅力的な相手と巡り会うことは不可能です。とにもかくにも恋人募集中の人が集っているところに自ら出掛けてみるべきです。

    恋人がいなくなって打ちのめされて、その後再浮上したときに女性はキレイになることができるのです。復縁を望むよりも、次なる恋愛に目を向けて行動を起こしましょう。

    恋愛に対して悩みを持っているというなら、ひとりで頭を抱えずに身内に本当のところを言ってみるのも悪くはありません。良いアドバイスがゲットできたり、気分が軽くなる可能性があります。

    「出会い系サービスはサクラがほとんどを占める」と決めてかかっている人が多く見受けられますが、本当に恋愛相手に出会えるアプリもあります。信頼のおけるサイトに登録して、熱心に恋人を探し当てましょう。

    せつない想いを抱えて悩むのは世の常ですが、恋愛が成功して恋人同士になったあとでも、価値観が合わなかったり意見の食い違いなどで頭を悩ませることはいっぱいあります。