トップページ

    このサイトでは恋愛経験なしのあなたにおすすめの恋活アプリをランキングで紹介しています。
    もしあなたが「恋愛経験なしで出会いもない…。恋の踏み出し方が分からない…。」という状況なら、まずは恋活アプリがおすすめです。合コンや街コンと比べてその場の空気を読む必要もありませんし、何より自分の好きなペースで恋人探しができます。

    恋愛経験がないと初対面の異性とどう話したらいいか迷うこともありますからね。まずは無理なく異性と交流の取れる機会を増やして、少しずつ自分のペースで進めていくのがおすすめです。

    このサイトで紹介している恋活アプリは全て男女とも会員登録は無料です。しかも、女性は利用料金も無料のところがほどんどです。さらに何かと気になる迷惑メールや架空請求が来ないことも実際に確認していますので、安心して利用できますよ。

    昔はネットでの出会いというとあまりいいイメージがなかったのですが、今では多くの人が利用するようになって「ネットで出会って結婚した」ということも特別珍しくもなくなりましたよね。
    あなたも幸せな出会いを掴むために、まずは小さな一歩を踏み出してみましょう^^
    ペアーズ

     ペアーズ(Pairs)はフェイスブックを利用した国内最大級の恋活アプリ。
    登録会員数は570万人以上と圧倒的な多さを誇っているので、日本で一番有名な恋活サイト・恋活アプリといってもいいでしょう。

    今まではフェイスブックアカウントがないと登録できなかったのですが、リニューアルに伴い、【フェイスブックアカウントなしでも登録できる】ようになったので、より利用しやすくなりました。

    ペアーズはとにかく会員数が多いのが特徴なので、「恋愛経験なしでも自分の好みの異性を探しやすい」というのが大きなメリットです。20代~30代の会員が多いので、真面目に恋愛できる相手を探したい場合はおすすめできます。
    婚活よりも恋活に向いているので、恋愛経験なしでも気軽に始めることができますよ。

    恋活アプリ選びに迷った時は、まずはペアーズに登録して利用してみてください。出会いのチャンスが違いますので、登録しておいて損はありません。






    マッチ・ドットコム

     マッチドットコムは世界25ヵ国で展開してる世界最大級の婚活・恋活アプリ。
    世界中で利用されている恋活サイトです。国内の会員数も187万人を越えているので出会いのチャンスが多いです。

    マッチドットコムのユーザー層はペアーズよりも真剣度が高めなのが特徴なので、真剣に恋活をしたい場合はおすすめです。年齢層も30代の会員が多く、遊び目的の会員が少ないので恋愛経験なしでも安心して利用できます。

    マッチドットコムの場合は無料会員でも好みの異性の検索や写真の閲覧はできるので、まずは無料登録をしてみてあなたが住んでいる地域にどんな異性がいるのかチェックしてみてください。フェイスブックアカウントなしでも利用できますよ。






    マッチブック

     マッチブックは大手企業のリクルートグループが運営しているフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    会員の年齢層は20代前半が多く、ペアーズよりもライトな出会いを求めている人が多い印象です。

    マッチブックは大学のミスやミスターを会員にしているので、大学生の中では認知度が高め。大学生で恋愛経験なし、合コンも苦手ということなら登録しておいて損はありません。

    まだ新しい恋活アプリなので会員数が少ないところがデメリットですが、大手企業のリクルートグループが運営しているので間違いなくこれから会員数が増えてくるでしょう。とりあえず無料登録だけしておいて、会員数の多い恋活アプリのサブとして一緒に利用するのがおすすめです。






    with(ウィズ)

     with(ウィズ)はメンタリストのDaiGoが監修しているフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    20代~30代の会員が多く、共通点から好みの異性を見つけるというのが特徴です。

    恋愛経験なしの場合、まずは趣味の合う相手の方がコミュニケーションを取りやすいと思うのでおすすめできる恋活アプリです。
    恋愛経験なし、交際経験なしの場合は共通点の多い異性や趣味の合う異性の方が会話も盛り上がりやすいですからね。興味のあるグループに参加して気になる異性を探すこともできますよ。

    現在、男性でも初月無料キャンペーンを実施中なので、この機会に登録してみてはいかがでしょうか。






    Omiai(オミアイ)

     Omiai(オミアイ)はフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    ペアーズよりも年齢層は高めなので、ユーザーの真剣度は高いです。

    2018年2月14日から女性は完全無料化になりましたし、フェイスブックアカウントなしでも登録できるようになったので、より利用しやすい恋活アプリになりましたね。累計会員数も約300万人を超えているので非常に多く、出会いのチャンスも広がります。

    本気で恋活している会員が集まっているので、「今はまだ恋愛経験がないけど真剣に交際していける相手を探したい」と考えている場合はおすすめできる恋活アプリです。
    ちなみに、フェイスブックの友達数の制限がないので、友達10人いなくてもすぐに恋活を始められます。







    自分に有利な婚活をすすめるための方法は、どれだけ自分を良く見せるのかということです。

    恥ずかしがってもじもじしていては上手くいくことは少ないと思います。

    誰もが気になる容姿は、少し写真を加工して(あくまで少しにしてくださいね)、より魅力的に見えるようにしましょう。

    逆に修整してはいけない情報といえば、年収や趣味など内面に関わるものでしょう。

    これらの情報はどうしても誤魔化しきれませんし、基本的な事柄には嘘をつかず、外見は誇張するというのがコツですから、ぜひ実践してみて下さいね。

    例えご自身の趣味がオタク的なものだったとしても、婚活だからといって問題視されることは殆どありません。

    意外に思われるかもしれませんが、男女どちらにもオタク趣味を持っている人間は多く居るのです。

    オタク同士の交際は、かえって相手の趣味を受け入れられますし、干渉されないという利点があるので、結婚相手としては絶好の相手だと言えますね。

    オタク趣味を隠して婚活をすると、結婚後にトラブルになりかねませんし、オタク趣味を公言した上で婚活をすすめていくのが良いでしょう。

    インターネットの婚活サイトを利用する場合、サクラに引っ掛からないように気を付けてください。

    結婚を本気で考えてアプローチしても、サクラはお金をもらって付き合っているのですから本気で結婚する気など全くありません。

    そのようなサクラの相手をしても、時間が無駄になるばかりですから気を付けながら婚活をしましょう。

    サクラの見極めは難しいですが、例えば関係をズルズルと先延ばしにするような相手は、サクラの可能性が高いと言えます。

    多くの方がお相手を見つけているという婚活サイト。

    実際、スタッフが仲介する形の結婚相談サービスと比べ、敷居の低いサービスといえます。

    従来型の結婚相談所の場合、相談相手となるスタッフとの共同作業の面が強く、そういうやり取りに抵抗を覚える方には利用しづらいかもしれません。

    対して、WEB上のサービスなら、結婚相談員などを介することなく多くの異性の中から希望に合致する相手を探して出会うことができるのです。

    もっとも、会ってからは結局コミュニケーションが物を言いますが。

    結婚相談所から紹介を受けた相手と結婚できる人は、思ったより多いといえます。

    真っ当な結婚相談所であれば、お相手も本気で結婚を望んでいますし、恋愛感情よりも結婚相手としての堅実さを求めるので、普通に付き合って結婚に至る場合と比べてもずっとスピーディに事が運ぶのです。

    なので、恋愛より結婚を求めている方は、結婚相談所の利用がたいへん有益です。

    婚期を逃してはならないと思い、私も遅ればせながら婚活を始めたのです。

    婚活イベントは上手く立ち回る自信がなく、それより結婚相談所だと思っていくつか検索して調べてみましたが、所によって様々な企画を打ち出しているようです。

    登録時の入会金を割引にしていたり、友達を紹介して二人で入会した場合は入会金が無料になるという相談所もあります。

    今は数多くの結婚相談所が存在しているため、選ぶのも大変そうですが、色々な条件を見て決めようと思っています。

    新しい出会いがいつ目の前に現れるかは、誰しも分かりません。出会いがないと落胆するだけにとどまらず、ショッピングセンターやクラブ、遊園施設などに繰り出してみましょう。

    現時点で18歳を超えていないと出会い系サイトにログインすることはご法度です。パスポートなどによる年齢認証があるゆえ、でまかせを言うことは無理なのです。

    「好みの人はかたわらにいた」といった例は案外多いものです。出会いがないと嘆息してばかりいるのではなく、手近なところを丹念に眺めてみれば将来の伴侶が探し出せるかもしれません。

    たくさんある出会い系の中の一部はサクラだけで、正直なところ運命の人と会えないものもめずらしくありません。活用する前にサイトの体験談などをじっくり調査しましょう。

    「好意を持っている異性との距離を縮めたい」という願望を抱くのはかまいませんが、たまには面と向かって対峙することも肝要です。全部恋愛テクニックに頼りすぎないよう配慮しましょう。