トップページ

    このサイトでは恋愛経験なしのあなたにおすすめの恋活アプリをランキングで紹介しています。
    もしあなたが「恋愛経験なしで出会いもない…。恋の踏み出し方が分からない…。」という状況なら、まずは恋活アプリがおすすめです。合コンや街コンと比べてその場の空気を読む必要もありませんし、何より自分の好きなペースで恋人探しができます。

    恋愛経験がないと初対面の異性とどう話したらいいか迷うこともありますからね。まずは無理なく異性と交流の取れる機会を増やして、少しずつ自分のペースで進めていくのがおすすめです。

    このサイトで紹介している恋活アプリは全て男女とも会員登録は無料です。しかも、女性は利用料金も無料のところがほどんどです。さらに何かと気になる迷惑メールや架空請求が来ないことも実際に確認していますので、安心して利用できますよ。

    昔はネットでの出会いというとあまりいいイメージがなかったのですが、今では多くの人が利用するようになって「ネットで出会って結婚した」ということも特別珍しくもなくなりましたよね。
    あなたも幸せな出会いを掴むために、まずは小さな一歩を踏み出してみましょう^^
    ペアーズ

     ペアーズ(Pairs)はフェイスブックを利用した国内最大級の恋活アプリ。
    登録会員数は570万人以上と圧倒的な多さを誇っているので、日本で一番有名な恋活サイト・恋活アプリといってもいいでしょう。

    今まではフェイスブックアカウントがないと登録できなかったのですが、リニューアルに伴い、【フェイスブックアカウントなしでも登録できる】ようになったので、より利用しやすくなりました。

    ペアーズはとにかく会員数が多いのが特徴なので、「恋愛経験なしでも自分の好みの異性を探しやすい」というのが大きなメリットです。20代~30代の会員が多いので、真面目に恋愛できる相手を探したい場合はおすすめできます。
    婚活よりも恋活に向いているので、恋愛経験なしでも気軽に始めることができますよ。

    恋活アプリ選びに迷った時は、まずはペアーズに登録して利用してみてください。出会いのチャンスが違いますので、登録しておいて損はありません。






    マッチ・ドットコム

     マッチドットコムは世界25ヵ国で展開してる世界最大級の婚活・恋活アプリ。
    世界中で利用されている恋活サイトです。国内の会員数も187万人を越えているので出会いのチャンスが多いです。

    マッチドットコムのユーザー層はペアーズよりも真剣度が高めなのが特徴なので、真剣に恋活をしたい場合はおすすめです。年齢層も30代の会員が多く、遊び目的の会員が少ないので恋愛経験なしでも安心して利用できます。

    マッチドットコムの場合は無料会員でも好みの異性の検索や写真の閲覧はできるので、まずは無料登録をしてみてあなたが住んでいる地域にどんな異性がいるのかチェックしてみてください。フェイスブックアカウントなしでも利用できますよ。






    マッチブック

     マッチブックは大手企業のリクルートグループが運営しているフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    会員の年齢層は20代前半が多く、ペアーズよりもライトな出会いを求めている人が多い印象です。

    マッチブックは大学のミスやミスターを会員にしているので、大学生の中では認知度が高め。大学生で恋愛経験なし、合コンも苦手ということなら登録しておいて損はありません。

    まだ新しい恋活アプリなので会員数が少ないところがデメリットですが、大手企業のリクルートグループが運営しているので間違いなくこれから会員数が増えてくるでしょう。とりあえず無料登録だけしておいて、会員数の多い恋活アプリのサブとして一緒に利用するのがおすすめです。






    with(ウィズ)

     with(ウィズ)はメンタリストのDaiGoが監修しているフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    20代~30代の会員が多く、共通点から好みの異性を見つけるというのが特徴です。

    恋愛経験なしの場合、まずは趣味の合う相手の方がコミュニケーションを取りやすいと思うのでおすすめできる恋活アプリです。
    恋愛経験なし、交際経験なしの場合は共通点の多い異性や趣味の合う異性の方が会話も盛り上がりやすいですからね。興味のあるグループに参加して気になる異性を探すこともできますよ。

    現在、男性でも初月無料キャンペーンを実施中なので、この機会に登録してみてはいかがでしょうか。






    Omiai(オミアイ)

     Omiai(オミアイ)はフェイスブックを利用した恋活アプリ。
    ペアーズよりも年齢層は高めなので、ユーザーの真剣度は高いです。

    2018年2月14日から女性は完全無料化になりましたし、フェイスブックアカウントなしでも登録できるようになったので、より利用しやすい恋活アプリになりましたね。累計会員数も約300万人を超えているので非常に多く、出会いのチャンスも広がります。

    本気で恋活している会員が集まっているので、「今はまだ恋愛経験がないけど真剣に交際していける相手を探したい」と考えている場合はおすすめできる恋活アプリです。
    ちなみに、フェイスブックの友達数の制限がないので、友達10人いなくてもすぐに恋活を始められます。







    晩婚の方の話を多く耳にするようになりましたが、殆どの男性の望む相手とは出産に適した年齢の女性だと思います。

    表面上は年齢不問の男性でも、子供が欲しいという場合は、やはり40代の女性よりも20代・30代の女性を望むでしょう。

    アラフォーになったのをキッカケに婚活をすすめる女性もいますが、スムーズに結婚相手を見付けられる女性は、そう多くないようです。

    女性の年齢が一つの壁になっている場合もあるようです。

    これは婚活中の方におススメなのですが、結婚したい時期を自分の中で決めておきましょう。

    曖昧なままですと、婚活で良さそうな人に巡り合っても、さらに上の相手との出会いの可能性を求めて繰り返し婚活を続けて、いわゆる婚活難民と呼ばれる状況になりかねません。

    このような状況に陥らないように、期限を決めておけば結婚する覚悟が持てるのではないでしょうか。

    婚活には様々な方法がありますが、婚活を斡旋するアプリを活用してみるのも良いでしょう。

    一口に婚活アプリと言っても、様々なものがありますが、とりあえず無料のアプリを試してみましょう。

    わざわざ婚活イベントに参加せずとも、時間や場所を気にせずメールを利用しやりとりしながら相手を探し、良さそうな人とだけ実際に会うことが出来るので、婚活の方法としてはスマートです。

    しかし、よく知らない相手に簡単に個人情報を渡してしまわないように注意をすることも大切です。

    自衛隊の方との出会いってなかなか日常にはないですよね。

    自衛官は異性との出会いの機会に乏しいイメージがあり、今流行りの婚活サイトを利用している人も少なくないとのことです。

    ですから、自衛隊の方との結婚を夢見る女性は、会員数の多い結婚情報サービスに登録してみることが案外いいかもしれないですね。

    実際、婚活サービスの会員検索で自衛隊の男性を検索すると、登録数は予想以上に多いことがわかりますよ。

    多くの方が結婚相談所を利用されていますが、登録しても結婚のチャンスがなかなかないというのは普通にあることだと思ったほうがいいでしょう。

    中でも規模の大きい相談所を利用している場合は、異性とのマッチングの機会も多いため、好みに合う相手は一人二人ではないかもしれませんし、その後、もっと好条件の相手に出会える可能性があるとなるとここで結婚を決めてしまっていいのか迷ってしまいます。

    日頃から何かを決断するのが苦手な人は、敢えて即決即断に切り替えてみるのもいいですね。

    医師や銀行員などエリート層を専門に扱うところもあるのが、現在の結婚相談所です。

    知的エリートの人には、恋愛する時間がとても持てないとか、そもそも恋愛に不慣れであったりで、出会いの場を結婚相談所に求める場合が思った以上に多いのです。

    そのため、ステータスの高い男性と出会いたいという女性にとっては、費用は高くても、そうした相談所を利用する価値はあります。

    過去に交際していた相手のことをずっと好きでいたとしても、復縁することは叶いません。異なる場所で未来のパートナーがあなたを心待ちにしているのですから、ポジティブにいきましょう。

    愛する人との別れはきつく、復縁を申し出たいと思うことはしばしばありますが、かつての恋愛に執着して復縁を切望するよりも、心を先に向けた方が良いでしょう。

    自分の気持ちや悩みを吐露するのは難しいことですが、悩みを背負ったまま苦悩するより、第三者に恋愛相談をしてリセットすることも重要です。

    胸中で恋愛の悩みを背負い込んでいる人は、ひとりで頭を抱えずに身近な人に相談してみるべきです。有力な助言を享受することができたり、うっぷん晴らしになるでしょう。

    恋愛心理学を駆使するのは悪質な行為には該当しません。「素顔の自分自身を見てもらって、好意をもってもらうために欠かせない第一段階」と割り切った方が良いと思います。